プロのバリスタになりたいなら専門学校で資格を取ろう

婦人

料理の学校

料理関係の学校には調理の専門学校がありますが、調理の基礎から応用まで学ぶ事ができますから料理人として活躍できる可能性があります。また、調理の専門学校には多くの人が通っていますが、専門学校側の就職のフォローもあり正社員として就職しやすいです。

カフェ

カフェで格好よく働きたい

カフェで働くバリスタは、美味しいエスプレッソを淹れるだけでなく、専門的な知識を持った接客のプロです。こうしたバリスタになるには、スクールに通うことが近道とも言えます。社会人であれば、夜間や週末を利用したスクールがいいでしょう。講座の内容はバリスタ技術からカフェ経営を学ぶものまでいろいろあります。

女性

料理好きな子におすすめ

調理師免許を取得することできる高校では、普通の高校とは違い、調理実習やコンクールへの挑戦など貴重な体験を味わうことができます。そのためには、体力をしっかりつけて、日々の調理実習にしっかりと望まなければなりません。

お客に信頼される証

バリスタ

お客を甘く見てはいけない

バリスタに必ず取らなければいけない資格があるというわけではありません。しかし最近ではコーヒーチェーン店が増えてきたこともあり、そして個人カフェも多くなってきたこともあり、バリスタを目指す人は多くなってきている中、技術を極めようとする人も多くバリスタのレベルが上がってきているといわれています。そのため、ただカフェ経営をして過程で作っているような作り方でコーヒーを提供しても、味にこだわるお客が多くなってきている中では厳しい世の中となってきています。カフェ経営するのであればおいしいコーヒーを提供することができる技術を備えることがとても大切となっています。コーヒーは最も多くの人に飲まれているものであり、おいしいコーヒーを注ぐことができるバリスタがいるところのカフェを選ぶ人も多いのです。

高度なスキルを持つ証

バリスタの資格には、バリスタライセンスというものがあります。それはどういった資格なのかといいますと、その教科が提供している養成学校で講座を修了し、ライセンス試験を受けて合格したものが取得できる資格となっています。まずはレベル1からスタートし、ライセンス試験を合格するたびにレベル2、レベル3と上がっていきます。レベルが上がればバリスタのスキルを有している証となり、高い技術を持っているものとしてカフェ経営するときでも主張することができます。バリスタライセンスの資格を持つことでコーヒーにこだわるお客から信頼を得やすくなりますし、その資格を有しているのを優先的にカフェを選ぶお客も存在しているので、持つに越したことはないかもしれません。